キリスト兄弟団 根 本 教 会


HOME   集会案内   今月の予定   アクセス   お問い合わせ

                           CSのページへ 

2020.4

4月5日の日曜礼拝は、新型コロナウイルス感染予防のため自粛となりました。

 それぞれご家庭で礼拝をお守り下さい。

2019.3.9
教会学校のページを作りました。CSのページをクリックしてください。

「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いた人は、神を愛する者たちに約束された、

               いのちの冠を受けるからです。」(ヤコブ1章12節)

 

主の恵みを感謝いたします。

 3月に入りましたが、1月から起こりました「新型コロナウイルス」の感染は3か月経っても収まるどころか、いよいよ世界中に拡散し命を落とされている人々のことが日々報告されています。目に見えない「ウイルス」が人の中に入ることで、短い間に人の命を奪うほどの力を持っていることは何と恐ろしいことでしょう。

 人間の心の中には「自分だけは大丈夫」という意識があるそうですが、今回だけはそう思えない状況です。私たちに必要なことは極力感染拡散防止に努めることですが、生きてゆくためには外に出ざるを得ないこともあります。最終的には自分の命の終わりの準備も必要かと私自身は考えさせられます。

 教会で賛美されている讃美歌で、17~19世紀に作られた曲の終わりの節は、ほとんどが天国に行くための内容となっています。例えば「最後の息引き取るときも 汝(神)が声を聞かまほし とこしえ(永遠)の朝覚むるときには」と。どうしてなのだろうと、ある時思いました。そのような時に、当時はいつ自分が病になり亡くなるかわからない時代であったと書いてあるのを読み納得しました。しかし21世紀になった今、まさに同じような時代になっているのではないでしょうか。

 この4月は、世界も日本も大変な局面に入っていくようになるかもしれません。一人ひとりが人としての理性と自由意思を正しく働かせて互いの命のために不自由さに耐えて、このウイルス拡散を防ぐ自分なりの努力をしていきたいと思います。

 皆さま一人ひとりが、ウイルスから主によって守られますように心からお祈りいたします。シャローム!

                    根本教会: 兒玉光・照恵  教会員一同より

      

キリスト兄弟団根本教会は、茨城県稲敷市にあるプロテスタントの教会です。

 詳しくお知りになりたい方は上記の連絡先か、メールからお問合せ下さい。

 最終更新2020.4.3

Copyright 2015 Nemoto Church Site All Rights Reserve

inserted by FC2 system